LayerX

『すべての経済活動を、デジタル化する。』 ソフトウェアテクノロジーをもとに、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会を実現していきます https://layerx.co.jp/
  • 1本

hiring freeze時の振る舞い

こんにちは「すべての経済活動を、デジタル化したい」、石黒です。最近は息子のミニバスと庭の草取りが週末の日課になっています。 さて、先日TwitterのTLを眺めていたらこんなTweetが目に入りました マーケット(ここでは採用マーケットの意ではなく、広義の金融マーケット)の変化は、従業員の雇用や採用に大きな変化をもたらします。企業の採用担当や、人事責任者、経営チームはこういった変化にどう対応し、どんなアクションを取っていく事が必要になるのでしょうか。 hiring fr

スキ
103

入社エントリ

すべて見る
  • 19本

金融系SIからLayerXに転職しました。

こんにちは。LayerXのしばです。初noteです。 2022年3月に新卒から6年勤めた金融系SI会社を退職し、LayerXへ入社しました。 LayerXではFintech事業部に所属し、三井物産とのJVである三井物産デジタルアセットマネジメント(以下MDM)で、個人向け事業の立ち上げをしています。 新しい環境にも慣れてきたので、転職エントリを書こうと思います。 前職について前職では、主に証券リテール領域で、株の取引アプリの導入や資産管理アプリのグロースなどに関わってきまし

スキ
36

「顧客体験への強いこだわり」に惹かれLayerXにジョインしました

こんにちは、株式会社LayerXのSaaS事業部で「バクラク請求書・バクラク申請・バクラク電子帳簿保存」のカスタマーサクセスをしておりますこだまと申します。会社では「こだまっち」→「macchi」と呼ばれております。 bakuraku.jp タイトルの通り、2022年03月16日付でLayerXに入社し、約1ヶ月経過したので、入社した理由と入社前と後のギャップについて書きたいなと思います。 自分と同じようなこんな考えを持った人に是非読んでほしいなと思っています。 簡単

スキ
39

「”凡才”の私だからこそ、LayerXに決めた」

この記事は、【2022 春 LayerX Advent Calendar(概念) 】28日目の記事です。前回はカスタマーサクセスチームのNatさんの記事でした。次回は、インサイドセールスチームのMJさんの記事が出る予定です! こんにちは!LayerXのSaaS事業部でフィールドセールスとパートナーサクセスを担当している水野と申します。 この春、入社して3ヶ月が経過しました。 直近準社員(Meetyなどから面談に応募いただく、すこしでもLayerXに興味を持っていただいてい

スキ
27

経理10年キャリアからカスタマーサクセスになったドメインエキスパートの話

この記事は、【2022 春 LayerX Advent Calendar(概念) 】27日目の記事です。前回はマーケティングチームのNaokiさんの記事でした。次回は、セールスチームのmizunoさんの記事です!  こんにちは!LayerXの成田(@shunnr3)です。はじめてnoteを書きます。 約10年経理としてのキャリアを歩んだ後、カスタマーサクセスとしてLayerXに入社をしてちょうど1ヶ月が過ぎたところです。LayerXに興味を持っている方、経理・コーポレート

スキ
39

三井物産デジタル・アセットマネジメント (MDM)での働き方

三井物産デジタル・アセットマネジメント (MDM)で活躍されている皆さんの書かれた記事達です

すべて見る
  • 8本

金融系SIからLayerXに転職しました。

こんにちは。LayerXのしばです。初noteです。 2022年3月に新卒から6年勤めた金融系SI会社を退職し、LayerXへ入社しました。 LayerXではFintech事業部に所属し、三井物産とのJVである三井物産デジタルアセットマネジメント(以下MDM)で、個人向け事業の立ち上げをしています。 新しい環境にも慣れてきたので、転職エントリを書こうと思います。 前職について前職では、主に証券リテール領域で、株の取引アプリの導入や資産管理アプリのグロースなどに関わってきまし

スキ
36

JVを設立して2年が過ぎました。

こんにちは、LayerX/MDMの丸野です。 1年前に書いたこちらのブログのおかげで「ずんちゃずんちゃの人」と呼んでいただいたり、こちらのpodcastを聴いていただいた方から「バイカル湖に飛び込んだ人」とお褒めいただく機会があり、大変光栄だなぁ〜と思っております。 私が今コミットしている「三井物産デジタル・アセットマネジメント(通称:MDM)」は、2020年4月に三井物産さんとLayerXが中心となって設立したJVで、有難いことにこの会社の立ち上げから関わらさせていただ

スキ
61

monorepoをなぜ採用したか、及び大まかな構成: 三井物産デジタルアセットマネジメントでの事例

皆さんこんにちは、代表取締役CTOの松本(@y_matsuwitter)です。最近買ったSonyのlinkbudsがめちゃ快適で感動しています。骨伝導イヤホンから乗り換えました。 さて、再びLayerXアドベントカレンダー(概念)がスタートするようです。もはやアドベントとは何なのか分からなくなっておりますが、継続してブログ書いていこうというチームでの決意表明となります。 今回は私が見ているプロジェクトの一つでmonorepoを採用し、その立ち上げ最中となりますので、まずは

スキ
27

元起業家視点から語るLayerXで働く良さ

この記事は、LayerX Advent Calender 2021の14日目の記事です。(あれ、まだ10月では...?) どうも、LayerXから三井物産デジタル・アセットマネジメント(通称MDM)に出向して業務効率化をしているzabethです。僕はLayerXに入る前に4年ほど起業していたのですが、今回はその時の経験を元に元起業家視点でLayerXで働く良さや楽しさをお話します。 どんな人に読んでほしいかLayerXに興味があるすべての人に読んでほしいのですが、将来起業

スキ
105
  • 10本

インボイス制度で大きく変化する請求書受取業務の盲点

(この記事の前提: わかりやすさを優先しており、インボイス制度全体を網羅的に説明したものではありません。) LayerXの代表取締役の福島と申します。LayerXでは法人支出管理(BSM)SaaSのバクラクを提供しています。本日はその領域に大きく関わる「インボイス制度」についての解説になります。インボイス制度が始まることで、「請求書受領側」の業務がどう変わるかについてです。 "請求書受領"と言ってますが「インボイス制度」で対象となる"インボイス"が指す範囲は請求書だけでは

スキ
87

組織の中にある「困りごと」を見つけ、手を上げることがチームを加速させる

この記事は、【2022 春 LayerX Advent Calendar(概念) 】13日目の記事です。前回の記事はざべすさん(@zabeth129) の「LayerXからジョイントベンチャー(MDM)に出向したメンバーの働き方」でした。明日はインサイドセールスチームの西谷さんより、インサイドセールスチームにおける取り組みについてご紹介いただく予定です。わいわい! こんにちは!LayerXでバクラク請求書のPMM(Product Marketing Manager)を務めて

スキ
51

インサイドセールスが司令塔|定量定性の両データを扱う強みを活かした不確実性の排除

この記事は、【2022 春 LayerX Advent Calendar(概念) 】9日目の記事です。なお、ひとつ前の記事は yashi さんの"大企業からスタートアップに転職した話"に関する記事で、次回はエンジニアのAkinoさんの記事が公開予定です! こんにちは、LayerXでSaaS事業のインサイドセールス(以降IS)を担当するエムジェイです。さて、本稿ではISが司令塔だよっていう話を書いていますが、正直宣伝です。 LayerXのISチームでは、リード数や必要商談

スキ
69

テックタッチ施策を「企画・実装・リリース」して学んだ、プロダクトをサービス価値に拡げていく話

こんにちは。経理業務をバクラクにしたい、LayerX カスタマーサクセスの加藤みちる(@applism118)です。 はやいもので11月の入社から4ヶ月に差し掛かっていますが、毎月やることが変わっており、目まぐるしい日々です。 そんな中、今年1月に「バクラクシリーズ」を新しくご利用いただくお客様向けに、「サービスの初期設定〜初回利用をお客様ご自身でも進めていただける施策」を実施しました。(いわゆるテックタッチ施策) 入社して初めて主導したプロジェクトであり、自分にとっても

スキ
60

Advent Calendar 2022 春

すべて見る
  • 34本

JVを設立して2年が過ぎました。

こんにちは、LayerX/MDMの丸野です。 1年前に書いたこちらのブログのおかげで「ずんちゃずんちゃの人」と呼んでいただいたり、こちらのpodcastを聴いていただいた方から「バイカル湖に飛び込んだ人」とお褒めいただく機会があり、大変光栄だなぁ〜と思っております。 私が今コミットしている「三井物産デジタル・アセットマネジメント(通称:MDM)」は、2020年4月に三井物産さんとLayerXが中心となって設立したJVで、有難いことにこの会社の立ち上げから関わらさせていただ

スキ
61

コーポレートチームにミッションは必要か

こんにちは。ハタラクをバクラクにしたいLayerXの木村(akkyy_k)です。コーポレート全般(特に経理、労務)と広報PRを担当しています。 みなさんGWに向けてラストスパートされているでしょうか。 私はGWはMr.Childrenのライブを満喫すべく、毎朝、朝ご飯の準備をしながら予習に勤しんでいます。 では早速、本題。 このnoteでお伝えしたいこと LayerXはこの4月より全社でOKRを導入しており、私が所属している経理管理部でも同様にOKRを導入しました。

スキ
46

Airtableでプロダクトの要望管理を仕組化した話

はじめまして。LayerXのSaaS事業部でPMをやっておりますnumashi(@numashi_Biz)と申します。 このnoteでは、PMをはじめて2か月間で取り組んだ内容のうち、プロダクトの要望管理を仕組化したことについてまとめました。 3行で自己紹介PM始めて2.5か月、それ以前のキャリアはハードウェアエンジニア3年 BizDev2年です ソフトウェアエンジニアではないのでコード書けません ゼスプリキウイブラザーズが好きです。社内では本名よりもキウイって呼ばれる

スキ
34

入社初日に事業部オフサイトに参加したら、LayerXがもっと好きになった話

皆様、こんにちは! 4月に、株式会社LayerXにカスタマーサクセスとして入社した古賀(@tomo_rim)と申します。 これから、すべての経済活動をデジタル化し、ハタラクをバクラクにしていきます。よろしくお願いいたします。 この記事はなにか先日開催されたSaaS事業部のオフサイトミーティング、通称:合宿(以下、合宿)について、その内容をお送りします。入社初日のまだ新鮮な目線を通じて、LayerXの魅力が伝わればと思っています! LayerXには3つの事業部があるのですが、

スキ
42