見出し画像

LayerXの熱い夏。

どうも、すべての経済活動をデジタル化したい、LayerX石黒です。

9月、東京も涼しくなってきました。夏、暑かったですね。創業2年目のLayerXも熱い夏でした。世の中が大きく変化し、ターニングポイントになるであろう2020年の熱かった夏を、LayerX行動指針(Be Animal / Bet Technology / Fact Base / Trustful Team / 徳)に沿って振り返ります。

Fact Base|リモートワークを辞めた

Fact Base
外部環境が変わり続ける中で、勘や社内政治に頼らず意志決定をするために。数字や事象などファクトに従って、柔軟に、冷静に、行動をおこしていこう。

緊急事態宣言解除があった5月末、その翌月の6月末に「オフィスを解約することをやめる」意思決定をしました。(日経様にも取り上げていただきました)

「毎週毎週、経営会議でオフィスのあり方を議論した。確かにニューノーマルに向けた働き方は大事だが、我々のようなスタートアップがリソースを割くべきなのは、事業の展開についてではないのか、という意見が出た」

まさにFact Base"数字や事象などファクトに従って、柔軟に、冷静”な意思決定の後、6月末から、ほぼ全社員が出社しています(ご家族や体調等の事情は最優先)。毎朝の検温、消毒、ビジネスアワーの来客回避など最大限できる対策をしつつ、開発や喧々諤々のディスカッションに日々向き合っています。30数名のメンバーの熱量を感じるこの空間に「スタートアップだなぁ」という当たり前の感情を噛み締める熱い夏でした。

Trustful Team|コミュニケーション

Trustful Team
各自がプロフェッショナルとして、時にはシビアな判断も含め、実行するチームを目指す。そのためにも、おたがいを信頼し、透明性のあるコミュニケーションを徹底しよう。

LayerXでのコミュニケーションは「信頼」と「透明性」がバランス良いな、といつも感じています。コロナ禍でオフィス勤務に戻りましたが、引き続きZoomを活用しており、例えば全MTGを録画しています。それにより夏季休暇時のメンバーキャッチアップや重複MTG、振り返り時に非常に有益です。

Slackはこんな感じです↓

スクリーンショット 2020-09-18 17.13.16

徳|アウトプットアウトプットアウトプット


LayerXは、⻑期的な視点で社会の発展に寄与する存在であり続けたい。短期的な売上至上主義に走らず、仲間や社会から信頼を得られる行動を追求しよう。

この夏、多くのアウトプットを公開しました。ブロックチェーン領域におけるコミュニティの発展に寄与するため、当社開発の技術「Anonify」のホワイトペーパーや、独自の分析フレームワーク「LEAF」に基づくエンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポート、そしてLayerX Newsletterの総集編についてもリリースいたしました。の行動指針を体現しています。

なお、毎週のLayerX Newsletter についてもBiz編、Tech編とも発刊し続けています。

Bet Technology|LayerX Labs設立

Bet Technology
技術にBetすることは、より良い未来にBetすることだと私たちは考える。判断に迷ったときは、⻑期的には技術が勝つと信じ、技術に賭ける選択をしよう。

8月にLayerXLabsを設立しました。より一層Bet Technologyを加速するため、行政機関・中央銀行等・学術機関・民間企業との共同研究の強化、同時に、デジタル通貨及びスマートシティ等の研究開発に注力する旨を発表いたしました。

8月末には、東工大の首藤研究室との共同研究についてもリリースいたしました。学術界でのブロックチェーン研究の発展に貢献するべく、今後も国内外の大学との共同研究を一層強化して行く予定です。

Be Animal|新しいメンバー

Be Animal
不確実な状況において積極的に動き、貪欲に生きた情報を集める。論理性や、充分な準備をそなえた上で、“動物的に”大胆に物事を進めていこう。

そして Animalなメンバーがこの夏4名ジョインしました。うち3名はソフトウェアエンジニアです。新しいメンバーが増えて「今までできなかったこと」がどんどん進んでいく。やれること、挑戦できる幅が広がっていく。スタートアップの醍醐味です。

あらためて行動指針そのまま、”一人ひとりが貪欲に生きた情報に向かい合っている”そんなプロジェクトばかりです。8月に発表したこちらのMaaSプロジェクトも代表的な案件の一つです。

しかし私達のミッションを達成するためには、まだまだチームを強くしていきたい。仲間は何年も探し続けていきます。10年単位での大きな挑戦が数多くあります。(ご興味を持っていただきました皆さん、いつでもお待ちしています)

すべての経済活動を、デジタル化する。

私たちのミッション、夏が終わってもホットなテーマです。世の中の動きを見てもデジタル庁の設置など、さらに熱くなりそうです。

すべての経済活動を、デジタル化する。:ブロックチェーン技術をもとに、「新たな経済基盤」をつくりだす。
それは、信用や評価のあり方を変え、業務や生産をはじめとした経済活動の摩擦を解消し、この国の課題である生産性向上を実現する。
私たちは、そう信じて行動し続けます。
ブロックチェーンが実装された社会、そこには、これまでの延⻑にはないまったく新しい可能性が広がっている。
LayerXは、デジタル社会への発展を後押しすることで、経済史に新たな1ページを刻んでいきます。

LayerXらしく、王道的アプローチでこれからも取り組んでいきます。




Trustful Team
57
『すべての経済活動を、デジタル化する。』 信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会を実現していきます https://layerx.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。