見出し画像

LayerX #history はじめます

はじめまして。すべての経済活動を、デジタル化したい、LayerXです。

LayerXのことをもっと知っていただくために、この公式noteを作りました。

#history について
タイトルにある #history は、Slackのチャネル名です。LayerXでは、その日にあった何気ない出来事や、日々変化するオフィスの様子、みんなのカジュアルコミュニケーション、時にはランチ、メンバーが業務中に寝ている写真などをアルバムのように #history チャンネルに残しています(↓Slackスクショ)
このnoteを通じて、社内メンバーだけではなくLayerXに興味をお持ちいただいたり、何らかの形で関わってくださった皆さんに「LayerX成長の歴史」をお届けしたいと思っています。
もちろん「これから入社する(かもしれない)みなさんが社内のことを知る場所」になれば…という思いも込められています。

スクリーンショット 2020-05-25 17.11.02

LayerXについて

LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに、現在はブロックチェーンテクノロジーを基軸に、企業のDX支援に注力しています。
現在、メンバーは約30人(2020年5月時点)。それぞれのプロフィール等は公式HPやTwitter/note等のメディアを覗いてみてください。

目的1|「LayerXってどんな会社?」をなくすために

LayerXって何の会社? 実際は何をしている会社なの? ブロックチェーン? という方は多いと思います。
この公式noteを通して、LayerXの事業内容、ブロックチェーンやDXの話題だけではなく、公式プレスリリースやTwitterではお伝えできないような社内の様子(特に「組織カルチャー」や「意思決定」)を中心に、お伝えしていきます。

目的2|入社前後のギャップをゼロにする

LayerXは創業2年未満、従業員は30名の若く小さなスタートアップです。
これから入社するメンバーの「立ち上がり」や「オンボーディング」は全社のスループットに大きな影響を与えます。ミッション達成に向け、高いパフォーマンスを発揮いただくためにも「入社前後の期待値」にズレが生じないように、適切な情報発信をしていきたいと考えています。

最後に|フォロー、嬉しいです

このnoteを通じて、これからのLayerXを知っていただけること、とてもワクワクしています! 定期的に更新しますので、ぜひフォローしていただければ嬉しいです。

リンク集|LayerX アカウント一覧

▽LayerX公式HP

▽LayerX Newsletter
毎週発刊の「LayerX Newsletter(Biz編、Tech編)」はこちらより登録ください

▽scrapbox
このscrapboxでは、LayerXのメンバーが、ブロックチェーンに関して調べたこと・考えたことを書いて行きます。この中の多くは、毎日行なっている勉強会の資料でもあります

▽公式Medium
主に開発環境や、開発チームのアウトプットについて発信しています

▽公式Twitter

▽公式LinkedIn

https://www.linkedin.com/company/layerx/



Be Animal
55
『すべての経済活動を、デジタル化する。』 信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会を実現していきます https://layerx.co.jp/

こちらでもピックアップされています

note pro自己紹介記事まとめ
note pro自己紹介記事まとめ
  • 221本

noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。